FANDOM


シグマ45』は、寺沢武一による日本の漫画。後の寺沢の代表作となる『コブラ』の原型となった作品とされ、1976年~1977年頃に執筆された。

概要 編集

手塚治虫の目に留まり、虫プロダクションのスタッフの一人として働き始めた寺沢が「大地よ蒼くなれ」で手塚賞佳作入選と一人の漫画家としてのスタートを切った頃に製作された短編漫画の一つ。計60ページの作品である。

プロトタイプとも公式に明言されることから随所に『コブラ』に繋がる部分を見ることができるものの、この作品は『コブラ』とは主人公の性別やサイコガンにあたる武器の装填場所が異なる。

また、『コブラ』シリーズとの最大の違いは、『コブラ』が全宇宙を舞台としたスペースオペラの形態を取っているのに対し、本作は舞台は地球であり国際連合やCIAが登場するほか、宇宙を連想させる要素は皆無であり、ストーリーも遺伝子工学の狂気を描いたものである。後に寺沢は『ガンドラゴンシグマ』と「シグマ」を名乗る作品を発表しているが、本作とは特に関連はない。

未発表作品ということもあり、これまでどの単行本にも収録されることはなかったが、2006年に『コブラ』の30周年を記念した完全版コミックスが刊行されるのを記念し、「大地よ蒼くなれ」と共にコミックス7~12巻の購入応募者全員特典としてB6の大版でメディアファクトリーより非売品として単行本化された。なお、まんだらけによればこの冊子は全員プレゼントにもかかわらず滅多に市場流通がないとのことで、今後プレミア化する可能性が高いとのことである[1]

関連項目 編集

脚注 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はシグマ45にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。