FANDOM


古代火星文明(こだいかせいぶんめい)とは、火星に存在したとされる、人類が誕生するよりも遥か昔に火星に存在していた文明。SF小説や漫画・アニメなどで題材にされることがある。

概要 編集

漫画『コブラ』、およびそれを原作とするアニメ『スペースコブラ』に登場する古代火星文明は優れた科学を持ち、コブラの時代の文明にも大きく影響を与えているとされる超文明。人口増加を抑制するために女性の額にルビーをつけ産児制限を行なう、生きている金属、「ライブメタル」製のアンドロイド、ガイノイドを生み出すといった科学力を持っていた伝えられる。その姿はイースター島のモアイに似る。 他にも進化する最終兵器や、人工的にビッグバンを引き起こし新たな宇宙を生み出す「宇宙の卵」などが存在する。


No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は古代火星文明にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。